2013

植田正治の道楽カメラ

Shoji Ueda

好きなものしか撮らない、撮れない。生涯「アマチュア精神」を貫きながら「世界のUeda」になった植田正治(1913-2000)。家族をモデルにした初期のモノクロ作品、時折訪れた東京渋谷の街角、ファッション誌の子供写真など未発表作品を中心に、写真作りのプロセスを交えながら公開します。

” 道を解して自ら楽しんだ “植田正治のまなざしを追体験してください。

 

” I only photograph what I want to photograph. I cannot do otherwise.”

Shoji Ueda (1913-2000) became world famous while keeping his lifetime commitment to being a “true amateur”. This exhibition discloses unreleased material, including Ueda’s early monochrome works depicting his family, scenes of the streets of Shibuya that he sometimes visited, and pictures of children that he took for fashion magazines, along with the photographic process.

Re-experience the gaze of Shoji Ueda who saw his way to enjoy the world.

↓

子どもたちの時間 植田正治とロベール・ドアノー

植田正治とロベール・ドアノーは、それぞれが最も愛した地、山陰とパリを舞台に多くの傑作を残しました。生来の実験精神と遊び心で写真表現を追求した二人には、多くの共通ワードを見出すことが出来ます。その一つが「子ども」です。

本展では、ドアノーのご遺族の協力を得て、世界初公開の作品を含む約70点を植田作品と併せて展示、その作品創造の秘密に迫ります。フランスは、植田独特の表現スタイルをいち早く認めた国であり、1996年、植田は同国から芸術文化勲章を受賞します。写真生誕の地でもあるフランスの国民的写真家ドアノーとの二人展は、植田の生誕100年を祝う最高のオマージュとも言えるでしょう。

植田正治写真美術館の単独開催となる本展は、20世紀を代表する二人の偉大な写真家の魅力を同時に堪能できる貴重な機会です。写真という「魔法のメディア」が生み出した彼らの「愛しきもの」のイメージは、私たちに多くの感動と喜びを与えてくれるでしょう。

↓

ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式

2013年

「ドアノーは愛のありかを見逃さない。」—— 平松洋子
ロベール・ドアノー生誕100年記念出版。世界初公開!


1951年、フランス、サン・ソヴァン村。花嫁18歳、花婿24歳。若い男女の船出が、いま、はじまる。フランスを代表するヒューマニズムの写真家ドアノーが惜しみない愛情を注ぎ込んだ祝福のドラマを、半世紀の時を超えて世界初公開。


著:ロベール・ドアノー 著
監修:平松洋子
体裁:単行本・B5変形・80ページ
ISBN:978-4-309-27441-6 
全国学校図書館協議会選定図書

造本・装丁:おおうちおさむ
印刷:凸版印刷株式会社
製本:大口製本印刷株式会社

発行:河出書房新社
河出書房新社HP

↓

ロベール・ドアノー


「パリ市庁舎前のキス」などで知られ、まぎれもなく世界でもっとも愛されている写真家の一人、ロベール・ドアノー。60年以上にわたるキャリアを通じて、パリを舞台に多くの傑作を生み出したロベール・ドアノーは、本国フランスでは国民的写真家として称賛される存在でもあります。ドアノーの作品に登場する人々は、パリという魅力あふれる舞台で、誰もが(時には動物までも)自分たちの役柄を生き生きと演じることを楽しんでいるように見えます。ロベール・ドアノーという、稀代の”演出家”による軽妙洒脱な人間ドラマは、忌憚のない人間賛歌として見るものを幸福感に満ちた世界へいざない、時代を超えて多くの人々に愛され続けてきています。

ドアノー作品|Portfolios

アトリエ・ロベール・ドアノーHP(フランス語、英語)
The website of Atelier Robert Doisneau (French, English)
http://www.robert-doisneau.com/fr/

コンタクトでは、ロベール・ドアノーが残した45万点に及ぶ作品を管理するアトリエ・ロベール・ドアノーの日本国内における代理店として、ドアノー作品の著作権管理業務を行っております。
写真使用についてのお問い合わせはこちら

 

↓