検索キーワード : ソール・ライター

井津由美子写真集
『Saul Leiter: In Stillness』

2020年5月11日発売

「この写真集に収録された魅力的な作品の数々は芸術と謎に包まれたある人生の物語を、様々な形で描き出している。」

― マーギット・アーブ(ソール・ライター財団ディレクター)

Saul Lieter: In Stillness』より


キッチンを改装した暗室、2013年

本年、Bunkamuraザ・ミュージアムで開催され大きな反響を呼びながら、コロナウィルス感染拡大防止のため、会期途中での開催中止を余儀なくされた「永遠のソール・ライター」展。本展で大きな注目を浴びたプロジェクションで、ソール・ライターの残したカラースライドとともに投影された、彼が住んでいたアパートメントの風景や、彼が愛した調度品等の写真を撮影したのが井津由美子です。この度、リブロアルテから刊行されることになった『Saul Leiter: In Stillness』は、井津由美子がソール・ライターのアトリエ兼アパートメントを撮り続けてきたシリーズの集大成となる写真集です。

1980 年代に商業写真から身を引いてから、2006 年にドイツのシュタイデル社が出版した写真集『Early Color』で、「カラー写真のパイオニア」として、一躍「時の人」となるまで、ソール・ライターは富にも名誉にも関心を持つことなく、自分の世界を生き続けた写真家でした。80歳にして世界中の注目を浴びることになってからも、2013 年にこの世を去るまで自分の生活を変えることなく、最も愛する場所であるニューヨーク・イーストヴィレッジのアパートメント兼アトリエで淡々と日常を送りました。

生前からソール・ライターと親交のあった井津由美子が、この場所の撮影をはじめたのは、彼が亡くなった3 週間後のことでした。以降、断続的に2019 年までこのプロジェクトの撮影は続けられます。ソール・ライターへの敬意と、写真家としての冷静な眼差しによって生み出された数々の写真には、通俗的な富や名声より、自分にとって幸せとは何か、を真摯に問い続けたソールの魂に通じる美が映し出されています。本写真集『Saul Leiter: In Stillness』は、ソール・ライターの気配が立ち上るような濃密な空間の中で、「急がない人生」の多くの物語を浮彫にします。

ソールと猫のコンタクトシート、2018年


井津由美子(いづ・ゆみこ)プロフィール

1968年大阪府生まれ。ニューヨーク在住。1998年アメリカ、カリフォルニア州のブルックス大学写真学科を卒業後、ニューヨークで広告写真家としてキャリアをスタート。

2003年より8×10インチと11×14インチの大型カメラでプラチナ・パラディウムプリント技法による〈Secret Garden〉(シークレット・ガーデン)(2011年)シリーズを制作開始。2016年、〈Secret Garden〉と〈Faraway(闇の彼方へ)〉(2014年)を収録した写真集『Resonance』をSerindia Contemporaryより出版。

2017年から2018年にかけて、微細な鳥の巣と羽根の抽象的イメージで成り立つ〈Icarus(イカロス)〉(2017年)シリーズを東京、台北、バンコク、サンタフェ、パリのギャラリーで発表。

2020年1月に東京のBunkamuraザ・ミュージアムで開催された「永遠のソール・ライター」展において上映されたプロジェクションに作品を提供。『Saul Leiter: In Stillness』を東京・京都で発表予定。

ソールの椅子に掛けられたスカーフと帽子、2018年

2007年にニューヨーク州ウッドストックのセンター・フォー・フォトグラフィー奨学金受賞。サミュエル・ドースキー美術館に作品が収蔵されている。


写真集概要

写真集名:『Saul Leiter : In Stillness』
著者名 :
井津由美子
出版社 :
リブロアルテ 

     〒157−0068 東京都世田谷区宇奈根1-33-12 2F
     www.libroarte.jp

テキスト:ポリーヌ・ヴェルマール(マグナム・フォト(ニューヨーク)、
     マーギット・アーブ(ソール・ライター財団)
ブックデザイン:おおうちおさむ(ナノナノグラフィックス)
企画協力:佐藤正子(コンタクト)
判 型 :A4変形 上製本
ページ数:120 ページ
発売日 :2020 年5 月11日


アパートメントの窓辺、2018年

↓

WOMEN ソールライター写真集

Saul Leiter - Women (2018)

伝説の写真家ソール・ライターが20年間に渡って撮り続けた親密な女性たち


ソール・ライター(1923-2013)は、83歳にしてシュタイデル社から「衝撃の世界デビュー」を飾った伝説の写真家。

ヌード写真集の企画が持ち上がったこともありましたが、生涯そのプロジェクトは実現しなかった。 

本企画は、ソール・ライターの壮大なアーカイヴから最近発見されたもので、ライターが知人の女性たちを撮った親密なヌード写真集である。

1946 年にライターがニューヨークに到着した年からはじまり、それから20 年間に渡って彼は女性たちのヌードを撮り続けている。

ニューヨークの緑豊かなイーストヴィレッジにある彼のスタジオで自然光によって照らされたプライヴェートな空間を封じ込めた白黒写真と、その白黒写真にペインティングを施したカラー作品とで本書は構成される。

画家でもあったライターの、写真に抽象的な要素を加えたカラー作品は、ボナールやヴュイヤール、マティスなど尊敬する画家の影響が垣間見える。

*スペースシャワーネットワークHPより転載させていただきました


著:ソール・ライター
体裁:A5・横判変型・160ページ・上製
ISBN:978-4-909087-15-7

定価:2,400円(税別)
寄稿:ソール・ライター財団(マイケル・パリーロ)
翻訳:株式会社ラパン

編集:池谷修一
編集協力:ソール・ライター財団(マーギット・アーブ/マイケル・パリーロ)

協力:佐藤正子(コンタクト)
印刷・製本:シナノ印刷
装幀・デザイン:七郎(TROUT)

製作:荒木重光

発行人:近藤正司
発行所:
株式会社スペースシャワーネットワーク

スペースシャワーネットワークHP


撮影:池谷修一

↓

フランソワ・アラール写真展
「Saul Leiter」

伊丹・ソールライター展 関連展示

カラー写真っていいね!企画関連展
企画特設ページはボタンをクリック!


4月7日から伊丹市立美術館にて開始するソール・ライター展に合わせ、フランスの写真家フランソワ・アラール(François Halard)の展覧会「Saul Leiter」が兵庫県・archipelagoと大阪府・豊中市のgallery 176にて開催されます。

フランソワ・アラールは、1961年にフランスで生まれ、現在は南仏アルルとNYを拠点に、サイ・トゥオンブリーやルイジ・ギッリ、ルイーズ・ブルジョワ、リチャード・アヴェドンらのアトリエの撮影や、世界的なインテリア誌やファッション誌でのエディトリアルを数多く手がけるなど、世界で最も卓越した建築写真家の一人として評価を受けています。今回アラールが撮影に訪れたのが、アメリカ人画家、写真家のソール・ライターのアトリエ。ライターがこの世を去って2年後となる2015年にイーストヴィレッジにあるライターのアパートメントを訪れ、朽ちた壁や空っぽのクローゼット、わずかに遺された私物などを撮影しました。その写真からは、ライター本人がどこかから出てくるのではないかと思うほどの臨場感や、その “気配” が漂っています。

展覧会では、昨年スウェーデンとパリを拠点とする出版社「LIBRARYMAN」より刊行された本シリーズをまとめた写真集「SAUL LEITER」の日本限定版として制作されたスペシャルエディションのプリント10点(各エディション10部限定)を展示販売いたします。

*archipelago・gallery 176 HPより転載させていただきました。


Saul Leiter by François Halard

会 場 :archipelago
     会 期 :2018年4月7日‬(土)~ 4月23日(月)
店休日 :‪4月10‬ 日(火)、‪4月17‬ 日(火)
開館時間:11:00-17:30‬

Saul Leiter by François Halard/フランソワ・アラール写真展「Saul Leiter」

会 場 :gallery 176
会 期 :2018年4月27日(金)〜 5月8日(火)
休廊日 :‪会期中無休
開館時間:13:00-19:00

企 画  :  twelvebooks、archipelago、gallery 176
協 力  :  伊丹市立美術館、株式会社コンタクト

キュレーション :  LIBRARYMAN


関連イベント 

① 濱中敦史(twelvebooks)× 佐藤正子 (株式会社コンタクト)トーク
フランソワ・アラールがソール・ライターのアトリエを撮影することになったきっかけとは?フランソワ・アラールの写真集を日本で販売することになった経緯は?イベント前半では、写真好き、ソール・ライターファンこそ詳しく知りたいこれらの話を中心に、写真集の国内ディストリビューションを仕事としているtwelvebooksの濱中敦史氏と写真展の企画制作をしているコンタクトの佐藤正子氏がトークをします。後半では会場が、来場者を交えて、ソール・ライターやフランソワ・アラール、その他の海外写真家、写真集などについて話す場に変わります。トーク終了後は、ギャラリー近辺で懇親会(有料)の開催も予定しています。

日時: 2018年4月28日(土) 17:00〜18:30
会場:gallery 176

料金:1,000円
定員:35名

※予約は gallery 176 ホームページ内のイベントお申込みフォームよりお願いします。その他のお問い合わせもgallery 176へお願い致します。


カラー写真っていいね!企画関連展
企画特設ページはボタンをクリック!


↓

We love color photography
Special Exhibitions Summary



Photographer Saul Leiter : A Retrospective

                   《タクシー》1957年 ソール・ライター財団蔵 © Saul Leiter Foundation


→For more information about this exhibition click here←


Venue:Itami City Museum of Art
2-5-20 Miyanomae, Itami-shi, Hyogo 664-0895, JAPAN
Tel.: +81-72-772-7447
Period:April 7. (Sat.), 2018 – May 20. (Sun.) , 2018
Closed on Mondays (except for April 30.)
Opening Hours:10:00 – 18:00 (last admission 17:30)

Admissions:Adults 800 Yen、High-School Students 450 Yen、
Junior High-School and Elementary School Students 150 Yen
Organization:Itami City Museum of Art, The Itami Culture and Sports Foundation
Co-host:Itami City Board of Education
Collaboration :Saul Leiter Foundation New York, New York Tourism Office, Delta Airlines, Fuji Film Imaging Systems
Curation:Pauline Vermare
Planning:Contact Co., Ltd.

 

 



Ninagawa Mika
KYOTO DREAMS of KAGAI

 ©mika ninagawa, artbeat publishers

Venue: Museum EKI Kyoto
     (JR Kyoto Isetan, 7F)
Period:April 14., 2018 (Sat.) – May 13. (Sun.) 2018 
Opening Hours:10:00 – 20-00 (last admission 19:30)
※Opening hours of the Museum are subject to changes according to the opening hours of JR Kyoto Isetan
Admissions:Adults 900 Yen (700 Yen), University and High-School Students 700 Yen (500 Yen),  Junior High-School and Elementary School Students 500 Yen (300 Yen)
※Prices in brackets are for owners of a KYOTOGRAPHIE passport, pre-sale tickets and owners of a Physical Disability Certificate (shogaisha techo)
Pre-Sale:Pre-sale tickets are available from March, 10. (Sat.), 2018 until April 13. (Fri.), 2018 at the Museum EKI Kyoto Ticket counter, chiketto pia (P-code 768-903), Lawson Ticket (L-Code 53659), Kyoto Shimbun Culture Center. 

Organization:Museum EKI Kyoto, Kyoto Shimbun

Support:The City of Kyoto, Kyoto Chamber of Commerce and Industry
Special Cooperation:MBS, Amuse
Cooperation:Kyoto Traditional Musical Art Foundation Ookini Zaidan, KYOTOGRAPHY,  Kyoto University of Art & Design, Tokyo Lithmatic Corporation, Mitsumura Suiko Shoin, Lucky Star,  Tomio Koyama Gallery
Planning and Production: Goto Shigeo + G/P gallery
Contact:075-352-1111 (JR Kyoto Isetan)

 



Jacques Henri Lartige
Photographie, c’est magique! 


For more information about this exhibition click here


Venue:Hosomi Museum
6-3 Okazaki Saishojicho, Sakyo Ward, Kyoto, 606-8342 Kyoto Prefecture, Japan 
Period:April 21. (Sat.), 2018 – June 3. (Sun.), 2018
Opening Hours:10:00 – 18:00 (last admission 17:30)
* Closed on Mondays 

Admissions:Adults 1,300 Yen (1,200 Yen), Students 1,000 Yen (900 Yen)
* prices in brackets are for groups of 20 and more. 

Organization: Hosomi Museum, Kyoto Shimbun.
Support:The Embassy of France, Institut français du Japon
Special Cooperation:The Jacques Henri Lartigue Foundation
Cooperation:Benrido, KYOTOGRAPHIE,  JCII Camera Museum
Planning:Contact Co., Ltd.

 

 


 

↓

カラー写真を3倍楽しめる展覧会が関西に集結!


写真っていいね!企画展一覧

for Information in English click here


 1
ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
Photographer Saul Leiter : A Retrospective

                   《タクシー》1957年 ソール・ライター財団蔵 © Saul Leiter Foundation


→ソール・ライター展の詳細はこちら←


会   場  :伊丹市立美術館
     兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
会   期  :2018年4月7日(土)~ 5月20日(日)

休 館 日  :月曜日(ただし4月30日は開館、翌5月1日は休館)
開館時間:10:00~18:00まで(入館は17:30まで)

入 場 料  :一般 800円、大高生 450円、中小生 150円
主 催    :伊丹市立美術館
        公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団 / 伊丹市)
共  催  :伊丹市教育委員会
協  力  :ソール・ライター財団、ニューヨーク市観光局、
       デルタ航空、富士フイルムイメージングシステムズ
キュレーター:ポリーヌ・ヴェルマ―ル
企画協力 :コンタクト

NEW!
関連展示のお知らせ:
伊丹市立美術館でのソール・ライター展に合わせ、フランスの写真家フランソワ・アラール(François Halard)の展覧会「Saul Leiter」が兵庫県・archipelagoと大阪府・豊中市のgallery 176にて開催されます。詳細はこちら



蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢
KYOTO DREAMS of KAGAI

               15名の芸妓舞妓 ©mika ninagawa, artbeat publishers

会 場 :美術館「えき」KYOTO
     (京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
会 期 :2018年4月14日(土)~5月13日(日)会期中無休
開館時間:10:00 ー 20:00(入館締切:閉館30分前)
         ※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
入場料 :一般 900円( 700円)
     高・大学生 700円( 500円)
     小・中学生 500円( 300円)
      ※(  )内は、前売、当日「KYOTOGRAPHIEパスポート」をご提示のご本人さま、
      および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまの料金。
前 売 :2018年3月10日(土)~4月13日(金)
      ※
主な販売場所: 当館チケット窓口(休館日を除く)、

         チケットぴあ(Pコード 768-903)、ローソンチケット(Lコード 53659)、
         京都新聞文化センターなど。
主 催 :美術館「えき」KYOTO、京都新聞

後 援 :京都市、京都商工会議所
特別協力:MBS、アミューズ
協 力 :公益財団法人 京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)、
     KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭、
     学校法人 瓜生山学園  京都造形芸術大学、
     東京リスマチック株式会社、光村推古書院株式会社、
     有限会社ラッキースター、小山登美夫ギャラリー
企画・プロデュース: 後藤繁雄 + G/P gallery
お問合せ:075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)



ジャック=アンリ・ラルティーグ写真展

永遠の少年、ラルティーグ ―写真は魔法だ!―


→ジャック=アンリ・ラルティーグ写真展の詳細はこちら←


会 場 :細見美術館
     京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 
会 期 :2018年4月21日(土)~6月3日(日)
開館時間:10:00~18:00(展示室への入場は17:30まで)
休館日 :毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)
観覧料 :一般 1,300円(1,200円) 学生 1,000円(900円)
      *( )内は20名以上の団体料金
主    催     : 細見美術館、京都新聞
後 援 :在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ
特別協力:ジャック=アンリ・ラルティーグ財団
協 力 :株式会社便利堂、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭、日本カメラ博物館
企画協力:コンタクト


 

↓