ロベール・ドアノーと時代の肖像
喜びは永遠に残る

ベルナール・ビュフェ美術館

アルベルト・ジャコメッティ■パブロ・ピカソ■ジャン・コクトー■イヴ・サン=ローラン
■ベルナール・ビュフェ■フェルナン・レジェ■レイモン・クノー■ジョルジュ・シムノン■クリスチャン・ディオール■■セルジュ・リファール■■■他

創造に多くの時間を割く人々に、写真を撮らせてほしいと頼む勇気はなかった。美術史の本に名を連ねる巨匠にふさわしいのは、後光だけなのだから。それでも、私の背中を押して彼らのアトリエへ送り込んでくれる人たちがいたのだ。-ロベール・ドアノー


日常の小さなドラマを絶妙にとらえ、「イメージの釣り人」と評されるフランスの国民的写真家ロベール・ドアノー(1912-1994)。パリの恋人たちや子どもたちの豊かな表情、ユーモアや風刺の効いた街頭の一場面など、人間に対する無限の愛情と好奇心に満ちたドアノーがとらえた写真は、時代を超えて世界中で愛され続けています。写真家ロベール・ドアノーを語る上で欠かせない分野、それが「ポートレイト」です。鋭い洞察力と観察眼に裏打ちされたドアノーによる芸術家のポートレイト群は、ドアノー自身の「見る喜び」を見事に体現したものでもあります。
本展では、同時代を代表する人々を写したポートレイトを中心に、精選されたドアノーの代表作など、日本未公開作品を含む約140点を一堂に展示します。ロベール・ドアノーの眼差しを通して提示される同時代人たちの肖像は、写真の本質でもある「見る喜び」とともに改めて創造の喜びを私たちに伝えてくれるに違いありません。

1.ドアノーが手がけた「時代の肖像」
本展では、画家、彫刻家はもとより、パリが「芸術の都」であった時代に活躍した作家、思想家、舞踊家、美術批評家、デザイナーなどあらゆる分野の「時代の肖像」約70点を展示。日本未公開作品を含むこれらのポートレイトを通して、当時の文化的背景を探ると同時に、ドアノーによる写真表現の真髄を紹介します。

2.ドアノー写真を代表する名作たち
生涯を通じて約45万点にも及ぶ写真を撮影したドアノーの作品は、現在、遺族が設立したアトリエ・ロベール・ドアノーで管理されています。本展では、アトリエ・ロベール・ドアノーが膨大な作品から精選した代表作30点を展示。写真史にドアノーの名を刻ませた珠玉の名作から、ポートレイトの名手ドアノーの制作背景に迫ります。

3.もう一つのポートレイト、ジオノへのオマージュ
パリ郊外で生まれ育ち灰色の青春時代を送ったドアノーにとって、小説家ジャン・ジオノがプロヴァンスの自然の中で描き出す人間たちのドラマは常に憧憬の対象でした。1958年に撮影された一人の羊飼いを追ったルポルタージュ『ある羊飼いの物語』は、ジオノへのオマージュともいえる作品です。生前、ジオノとの邂逅がついにかなわなかったドアノーにとって、この羊飼いの物語はジオノのポートレイトでもあるのかもしれません。ベルナール・ビュフェもまた、ジオノ著『純粋の探究』に深く共鳴し、ジオノの肖像画を描きました。本展では、二人の若い作家たちの人生と制作に多大な示唆を与えたジオノの肖像として、このシリーズを展示します。

ニュースリリース(PDF)はこちらへ


会  期:2016年9月15日(木)-2017年1月17日(火)
会  場:ベルナール・ビュフェ美術館
    〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘515-57 
    TEL:055-986-1300 FAX:055-987-5511
    URL http://www.buffet-museum.jp
開館時間:9・10月 10:00-17:00/11・12・1月 10:00-16:30(入館は閉館の30分前まで)
休 館 日:水曜日(祝日の場合は翌日休、ただし2016年12月26日[月]-2017年1月6日[金]は休館)
入 館 料:大人:1000円(900円)/高・大学生:500円(400円)/中学生以下:無料
    *( )内は20名様以上の団体割引料金 
主 催:ベルナール・ビュフェ美術館 
企 画:コンタクト 
協 力:アトリエ・ロベール・ドアノー


ロベール・ドアノー プロフィール:
1912年、パリ郊外ヴァル・ド・マルヌ県ジャンティイ生まれ。石版工の技術取得のためパリのエコール・エスティエンヌで学んだ後、写真家アンドレ・ヴィニョーの助手となる。1934年、ルノー社に産業カメラマンとして入社。1939年、フリーとして活動を開始。パリを中心に庶民の日常をとらえた写真で高い評価を得、現在でも世界中で愛され続けている。
1951年には、ニューヨーク近代美術館で開催された《5人のフランス人写真家》展の出品作家に選ばれる。1992年、オックスフォード近代美術館で大回顧展を開催。1994年没(享年82歳)。ニエプス賞(1956年)、フランス写真大賞(1983年)など受賞多数。

*ベルナール・ビュフェ美術館制作の展覧会チラシから転載させていただいております。
*記載事項は2016年7月現在のものです。内容が変更になる場合もあります。


Robert Doisneau – Portrait of a Period
Musée Bernard Buffet

September 9., 2016 (Thu.) – January 17., 2017 (Tue.)
*Closed on Wednesdays (Thursdays, if Wednesday is a national holiday)
and from December 26., 2016 (Mon.) to January 6., 2017 (Fri.)
10:00 – 17:00 (Sept. – Oct., last admission 16:30)
10:00 – 16:30 (Nov. – Jan., last admission 16:00)
Exhibited portraits included those of ■ Alberto Giacometti ■ Pablo Picasso ■ Jean Cocteau ■ Yves Saint-Laurent ■ Bernard Buffet ■ Fernand Léger ■ Raymond Queneau ■ Georges Simenon ■ Christian Dior ■ Sergei Lifar■■■ among others


Known as the ‘fisherman of images’, as an artist who exquisitely captures the small dramas of everyday life, Robert Doisneau (1912-1994) can be said to be one of France’s most popular photographers. Whether it is lovers in Paris, the rich expressions on children’s’ faces, or his witful and satirical street-scenes – Robert Doisneau’s photographs bespeak of his intense interest in and love of humanity, which they continue to be appreciate for all around the world. An equally essential aspect of his photographic practice and career are his portraits. A manifestation of his keen insight and observational skills, these portraits also give testimony to the pleasure Doisneau took in looking. With a focus on Doisneau’s portraits of his contemporaries, this exhibition will present about 140 carefully selected masterpieces in three parts, some of which will be exhibited for the first time in Japan. Together they will not only enhance our understanding of the ‘pleasures of looking’ – one of the essences of photography – but will also tell us something about the pleasures of artistic creation.

Part 1: Doisneau’s portrait of a period
This exhibition will feature around 70 portraits of not only artists and sculptors, but also authors, intellectuals, dancers, art critics, and designers who have been actively participating in Paris’ art scene. These portraits provide us with an opportunity to explore the cultural atmosphere of Doisneau’s Paris while at the same time illuminating the essence of his photographic practice.

Part 2: Doisneau’s Masterpieces
The over 450.000 images Doisneau has produced throughout his life are currently managed by the Atelier Robert Doisneau, an institution founded by his family. They have carefully selected 30 representative masterpieces for this exhibition, which will serve as a referential frame for the understanding and localization of Doisenau’s portrait photography within the greater context of his photographic practice.

Part 3: An homage to Giono
For Doisneau, who spent his childhood days in the gray and dull suburbs of Paris, the human drama that novelist Jean Giono depicts in his fiction against the background of the Provence’s nature has always been an object of admiration. His reportage series ‘La Transhumance’, for which he followed a shepherd on his journey through the Provence, thus could be seen as an homage to Giono, the story it tells, as a ‘portrait’ of Giono. Bernard Buffet, too, was deeply inspired by Giono’s works such as the 1939 novel Recherche de la pureté (Search for Purity), which led him to paint a portrait of the author. As a ‘portrait’ of this author who had a profound influence on the young Buffet and Doisenau, this part of the exhibition will show Doisneau’s series ‘La Trancehumance’.


Period: September 9., 2016 (Thu.) – January 17., 2017 (Tue.)
Venue: Musée Bernard Buffet
Kuremachisu-no-oka 515-57, Higashino, Nagaizumi-cho, Shizuoka, 411-0931 Japan
TEL: 055-986-1300 FAX:055-987-5511
URL: http://www.buffet-museum.jp
Opening Hours: 10:00 – 17:00 (Sept. – Oct., last admission 16:30)
10:00 – 16:30 (Nov. – Jan., last admission 16:00)
Admissions:Adult 1000 ¥(900 ¥)/ University and High-School Students 500 ¥(400 ¥)
*Free for children in Junior High school and younger.
*( ) Prices in brackets are for groups of 20 or more.

Organization: Musée Bernard Buffet
Planning and Production: Contact Co., Ltd. 
Collaboration: Atelier Robert Doisneau

Artist Profile
Born 1912, in Val-de-Marne, Gentilly, a suburb of Paris. After studying Lithography at the École Estienne, Doisenau becomes assistant of photographer André Vigneau. After working as an industrial designer for Renault for five years, he starts his career as a freelance photographer. Masterfully capturing the everyday life of the people of Paris, his work soon attracts the attention of the public and critics alike. In 1951 his photographs are selected for the ‘Five French Photographers’ at the Museum of Modern Art, New York (MOMA). In 1992, two years before his death, a large retrospective is held at the Oxford Museum of Modern Art. He has also received numerous awards such as the Niepce Award (1956) and the Grand Prix National de la Photographie (1983).

* The information above is based on the flyer for the exhibition which has been kindly provided by the Musée Bernard Buffet and is up to date as of July 2016. Contents may be subject to changes.