関連情報|Others

植田正治回顧展@廈門市

UEDA SHOJI RETROSPECTIVE @XIAMEN

※トップ画像:シリーズ「白い風」より、1981年、©植田正治
※Main Image: from the series White Wind, 1981
, ©Shoji Ueda

中国で初めての大規模な回顧展となった、2018年9から北京のThree Shadows(三影堂撮影芸術中心) で開催された「植田正治回顧展」。今年の初め、長沙市のXie Zilong Photography Museum(谢子龙影像艺术中心)に巡回した後、この展覧会はさらに、廈門市のThree Shadows(三影堂厦门摄影艺术中心)へと、中国の旅を続けています。

砂丘を舞台に数多くの傑作写真を生み出し、日本のみならず世界の写真史上に独自の足跡を残した植田正治(1913-2000)。この時代、日本の写真の潮流であったリアリズム写真運動に与することなく、終生、生まれ故郷の山陰にとどまって「写真する」歓びを追求し続けた写真家が生み出したモダニズムあふれる作品は、海外でもUeda-cho(植田調)と称され、国外も高い評価を受けています。
青年期に西洋アヴァンギャルドの洗礼を受けた植田正治は、地元で写真館を営む一方、制約なしに自己の表現を追求するアマチュア精神を貫きました。自宅近くの砂浜に家族や身近な人々をあたかもチェスの駒のように配して撮影した〈演出写真〉の緊密な構図はもとより、70歳から取り組んだシリーズ「砂丘モード」に代表されるファッション写真や商業写真など、脈々と築き上げた写真世界は、時代も世代も超えた支持を集め続けています。植田がもっとも好んだ被写体は、生まれ育った山陰の風景や事物でしたが、その写真は風土性や時代を超える普遍性をたたえており、見る者に新鮮な驚きと深い感動を呼び起こしてやみません。

本展では、植田正治の代名詞ともいえる砂丘を舞台にした作品から、再評価の契機となったファッション写真まで、初期から晩年にいたる代表作144点を展示し、その表現世界に迫ります。

Shoji Ueda Retrospective Exhibtion

After having been exhibited at Three Shadows in Beijing and the Xie Zilong Photography Museum in Changsha, our Shoji Ueda Retrospective continues its travel through China. We are proud to announce that Three Shadows Xiamen Photography Art Centre will host this comprehensive retrospective exhibition of Shoji Ueda in Xiamen, China, featuring 141 early and late works ranging from his masterful series Sand Dunes to the fashion photographs that helped trigger a reappraisal of his achievements.

Shoji Ueda (1913-2000), well known for his iconic pictures taken around his hometown Tottori, would ultimately leave a major mark on the history of photography in not only his home country but also abroad. And he did it by remaining in his hometown Sanin, pursuing his own artistic ideals and ideas  and never aligning himself with any particular movement, even as realism began to take center stage in main stream Japanese photography. His strain of modernism was so distinct that the “Ueda-cho (Uedastyle)” still generates fresh acclaim to this day.

Influenced by the Western avant-garde during his adolescence, Ueda maintained the passionate, uninhibited spirit of an amateur while he ran his own studio. His intricate compositions – prime examples of staged photography – often featured his family and his close friends in his neighboring sand dunes arranged like chess pieces. The worlds he managed to express within the constraints of commercial and fashion photography remain both surprising and deeply moving, as typified by Mode in Dunes, a project he undertook at the age of 70.


植田正治(うえだ・しょうじ)略歴

1913年鳥取県生まれ。1930年代から写真雑誌への投稿などで頭角を現し、戦後、独創的な家族写真や鳥取砂丘での演出写真が注目される。1950年代はじめリアリズム運動などで、演出写真は中断するが、1971年の写真集『童暦』の刊行を機に、国内外で高く評価される。1972年に初めてヨーロッパを訪れ、1974年写真集『音のない記憶』を刊行。1978年、87年アルル国際写真フェスティバルに招待される。植田の作品は海外、特にヨーロッパでの評価が高く、1980年以降、展覧会、雑誌などで広く紹介される。1996年にはフランス芸術文化勲章を受章。2000年逝去(享年87歳)。

About the Author

Shoji Ueda was born in 1913 in Tottori Prefecture, Japan and started his career as a photographer by establishing a studio at his hometown in the 1930s. He cemented his reputation within intricately staged photographs in the Tottori sand dunes before tilting toward surrealism during the 1950s and continuing to garner acclaim with photo books like Children the Year Around, published in 1971. 1972, when he first traveled to Europe and published Oto no nai kioku (Memories without Sound), marked a turning point in his international reputation. He was subsequently invited to participate in Les Rencontres d’Arles in 1978 and 1987. His works are highly regarded abroad and he has steadily built a reputation among European collectors and critics in particular. In 1996, he received the Ordre des Arts et des Lettres of France. Ueda died at 87 in 2000. In 2013, the Tokyo Photographic Art Museum held a large retrospective title “100 Years of Birth! Shoji Ueda.”

GITANES, 1992, ©Ueda Shoji


植田正治回顧展

会 場 :三影堂厦门摄影艺术中心
(Three Shadows Xiamen Photography Art Centre)
No. 301, Building 2, Xinlinwan Business Center, Jimei District, Xiamen
URL: https://www.threeshadows.cn/exhibitions/113/overview/
会 期 :2019年8月31日(土)~ 11月10日(日)
開館時間:10:00~18:00
入場料 :一般 60元、ネット予約50元、学生・教師35元
※12歳以下、また70歳以上は無料。団体の場合は一人30元
休館日 :毎週月曜日
主 催 :三影堂厦门摄影艺术中心
協 力 :
植田正治事務所
助 成 :
国際交流基金
キュレーション:佐藤正子(コンタクト)

アートディレクション:RongRong&Inri

Shoji Ueda Retrospective Exhibition

Venue: Three Shadows Xiamen Photography Art Centre
No. 301, Building 2, Xinlinwan Business Center, Jimei District, Xiamen
URL: https://www.threeshadows.cn/exhibitions/113/overview/
Period: August 31 – November 25, 2019
Closed on Mondays
Opening Hours: 10:00 – 18:00
Admissions: Adults 60RMB (50RMB in case of online reservation),
Students/Teachers 35RMB
* free for children (age 12 and below) and seniors (age 70 and above)
Organization: Three Shadows Xiamen Photography Art Centre
Co-Organizer: Shoji Ueda Office
Sponsor: The Japan Foundation
Curation: Sato Masako (Contact)
Art Direction: RongRong&Inri


シリーズ「砂丘」より、1983年/ from the series Dunes, 1983, ©Ueda Shoji

 

↓

ニューヨークが生んだ伝説の写真家
永遠のソール・ライター

Saul Leiter Forever - A Retrospective

※トップ画像:ソール・ライター《薄紅色の傘》1950年代、発色現像方式印画 ©️Saul Leiter Foundation
※Main Image:Saul Leiter, Purple Umbrella, 1950s, chromogenic print ©️Saul Leiter Foundation


2017年、Bunkamuraザ・ミュージアムで日本発の回顧展を開催し、大きな話題を呼んだ写真家ソール・ライター。

1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、表舞台から姿を消したソール・ライターが一気に忘却の世界から引きずり出されるきっかけは、2006年ドイツの出版社シュタイデル社から刊行された写真集『Early Color』。当時すでに83歳になっていた彼の作品は、世界の写真界に衝撃を与え、これを皮切りに世界各地で展覧会の開催や作品集の出版が行われ、さらにはドキュメンタリー映画が公開。初めてソール・ライターを知る人々にもこの写真家の素晴らしさが理解される機会となりました。

天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と呼ばれたソール・ライター。約8万点のカラー写真をはじめ、作品の大半を整理することなく世を去った写真の「発掘作業」は、ソール・ライター財団により現在進行形で続けられています。本展では、前回の展覧会では発掘しきれなかった膨大なアーカイブの中から、世界初公開となる作品を含む多くの未公開作品と豊富な作品資料を通して、ソール・ライターのさらに知られざる一面を紐解き、その魅力に迫ります。

It was in 2017 that the first retrospective of Saul Leiter’s works was held at Bunkamura THE MUSEUM. It became a big hit and now Saul Leiter is back: From January 2020 a second retrospective of his works will be held at Bunkamura THE MUSEUM including not only works that previously haven’t been shown in Japan, but also works that haven’t been shown anywhere yet.

Saul Leiter was a leading fashion photographer in New York since the 1950’s, until he retired from commercial photography in the 1980’s. It was Early Color, a collection of his work that he published with Steidl Verlag in Germany in 2006 that brought him back to the limelight of the world of photography. He was 83 years old by then. His re-discovery became a big sensation and led to numerous exhibitions and publications. In 2012 the documentary In No Great Hurry: 13 Lessons in Life with Saul Leiter was released, making his name and works known to even more people.

Many regard Saul Leiter as a pioneer in color photography due to his exquisite sense for color. He has left behind over 80.000 uncatalogued color photographs, which The Saul Leiter Foundation is continuously in the process of “excavating” and bringing into order. This exhibition will show a completely new facet of Saul Leiter work by showing new photographs from this vast archive including previously unpublished and unexhibited works.

左 :ソール・ライター《落書きの顔》1950年、発色現像方式印画 ©️Saul Leiter Foundation
left:Saul Leiter, Graffiti Heads, 1950, chromogenic print, ©️Saul Leiter Foundation
中央:ソール・ライター《無題》撮影年負不詳 ©️Saul Leiter Foundation
middle:Saul Leiter, Untitled, date unknown ©️Saul Leiter Foundation

右 :ソール・ライター《窓》1957年、発色現像方式印画 ©️Saul Leiter Foundation
right:Saul Leiter, Window, 1957, chromogenic print ©️Saul Leiter Foundation


作家プロフェィール
Artist Profile

ソール・ライターは、1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、58歳になった年、自らのスタジオを閉鎖し、世間から姿を消した。写真界でソール・ライターが再び脚光をあびるきっかけとなったのが、2006年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集でした。この新たな発見は大きなセンセーションとなり、その後、展覧会開催や出版が相次ぎました。2012年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(日本公開は2015年)が公開され、その名前と作品は多くの人に知れわたるようになりました。

Saul Leiter (1923-2013) was a leading fashion photographer in New York since the 1950’s, until at the age of 58 he closed his studio and disappeared from the world. It was a collection of his work that he published with Steidl Verlag in Germany in 2006 that brought him back to the limelight of the world of photography. His re-discovery became a big sensation and led to numerous exhibitions and publications. In 2012 a documentary film titled In No Great Hurry: 13 Lessons in Life with Saul Leiter was released (first screened in Japan in 2015), making his name and works known to even more people.


展覧会情報(随時更新中)
Details (tentative)

会 場 :Bunkamuraザ・ミュージアム
     〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F
     TEL: 03-5777-8600
     E-MAIL: saulleiter2@nanjo.com
     URL: https://www.bunkamura.co.jp/
会 期 :2020年01月09日(木)~03月08日(日)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
     毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
休館日 :未定
入場料 :一般1,500円(1,300円)、大学・高校生1,000(800円)
     中学生700円(500円)
     ※()内は前売・団体20名様以上
     ※学生券をお求めの場合は、学生証の提示をお願いします。
     ※障碍者手帳のご提示で割引料金あり。
主 催 :Bunkamura, 読売新聞社
協 力 :ソール・ライター財団、NTT東日本
企画協力:コンタクト

Venue: Bunkamura THE MUSEUM
2-24-1 Dogenzaka, Shibuya, Tokyo 150-0043       
TEL: 03-5777-8600
E-MAIL: saulleiter2@nanjo.com
URL: https://www.bunkamura.co.jp/
Period: January 9, 2020 – March 8, 2020 (Sat.)
Opening Hours: 10:00 – 18:00 (last admission 17:30)
※opened until 21:00 on Fridays and Saturdays  (last admission 20:30)
Admissions: Adult 1,500 Yen (1,300 Yen), University and High school students 1,000 Yen (800 Yen), Junior High School students and younger 700 Yen (500 Yen)
*Prices in brackets are for pre-sale and groups of 20 and more
*Student fare tickets are only valid when presented along with approved ID
*Discount available for owners of a Physical Disability Certificate (shogaisha techo)
Organization: Bunkamura, The Yomiuri Shimbun
Support: The Saul Leiter Foundation, NTT East
Planning: Contact Co., Ltd.

2019年10月12日(土)から前売券販売開始予定
pre-sale tickets will be available from October 12, 2020


 

↓

Thank You for the Photography &
平間至写真館大博覧会@SUNDAY

Café Art Restaurant SUNDAYにて同時開催!

※トップ画像:©Hirama Itaru


タワーレコードの「No Music, No Life?」キャンペーンなど、“音楽が聞こえてくるような”躍動感あふれるポートレイト″によって、新しいスタイルを打ち出した写真家・平間至。宮城県塩竈市に祖父が開業した平間写真館の一人息子として生まれた平間にとっての原点といえる存在、それが“写真館”です。

生まれたときから、写真が日常の中にあり、当たり前のように写真家の道を歩みはじめたとき、平間にとっての写真館は反抗し乗り越えるべき対象になっていました。

 

『Motor Drive』は写真館の写真への反抗、
そして平間写真館TOKYOは再生であり自立だった

―平間至

写真館とは距離を置きながら、自らの活動を続ける中、大きな転機が訪れます。2011年の東日本大震災でした。故郷・塩竈でも多くの命が失われた時、“生き生きとした魂を残す場所”として写真館の開業を決意。2015年、平間写真館TOKYOをオープンします。

この度は、平間写真館TOKYOに隣接するArt Café Restaurant・SUNDAYで「Thank You for the Photography」と「平間至写真館大博覧会@SUNDAY」の2つの展覧会を同時開催。写真館をテーマに写真家・平間至の原点に迫ります。


『Thank You for the Photography』

 

「Thank You for the Photography」展では、祖父の代に開業した塩竈の平間写真館に保存されていた平間家のアルバムからセレクトした写真と、平間が心象風景を写真に焼き付けた<光景>シリーズからの数点を再構成することで、平間至の写真を読み解くとともに、記憶の集積所である写真館、家族について問いかける展覧会です。

©Hirama Itaru

初代平間写真館(平間写真場)、1960年頃


『平間至写真館大博覧会@SUNDAY』

 

「平間至写真館大博覧会@SUNDAY」は、平間写真館TOKYOで撮影されたポートレイトを中心に、モノクロ、カラー作品を一堂に展示。本年1月に東京・新宿のNIKON THE GALLERY(4月に大阪ニコンサロンへ巡回)で開催された同名展終了後に撮影された新作も多数追加して展示します。写真にしかなしえない“伝えていくこと、残していくこと”について、改めて思いを馳せ、見た人に“大切な人と記念写真を残しておきたい”と思い起こさてくれる写真展です。

©Hirama Itaru

©Hirama Itaru


展覧会情報

会 場 :Café Art Restaurant SUNDAY(平間写真館TOKYO隣)
     〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-7-12 B1F
     TEL: 03-6413-8055

①「Thank You for the Photography」展
会 期 :2019年07月04日(土)~07月31日(日)

②「平間至写真館大博覧会@SUNDAY」展
会 期 :2018年07月04日(土)~08月21日(日)

開館時間:11:30~23:00/18:00~23:00
定休日 :無休
観覧料 :無料
問合せ先:平間写真館TOKYO
     TEL: 03-5413-8400
     URL: http://hirama-shashinkan.jp
主 催 :平間写真館TOKYO
共 催 :Café Art Restaurant SUNDAY
企画協力:
コンタクト

※カフェスペースでの展示の為、
混雑時は、ご覧いただけない場合があります。ご了承下さい。


平間至プロフィール

宮城県塩竈市生まれ。写真から音楽が聞こえてくるような躍動感のある人物撮影で、今までにないスタイルを打ち出し、タワーレコードの「No Music, No Life?」キャンペーンのポスターをはじめ、多くのミュージシャンの撮影を手掛ける。2006年よりゼラチンシルバーセッションに参加、2008年より「塩竈フォトフェスティバル」を企画・プロデュース。2015年1月、三宿に平間写真館TOKYOをオープンする。


©Hirama Itaru

↓

THE GALLERY企画展 平間至写真展
「平間至写真館大博覧会」

Hirama Itaru Photo Exhibition

1995年に発表された写真集『MotorDrive』をはじめ、タワーレコードの「No Music, No Life?」キャンペーンなど、“音楽が聞こえてくるような” 躍動感あふれるポートレイトによって、新しいスタイルを打ち出した写真家・平間至。その原点ともいえるのが “写真館”です。 宮城県塩竈市に祖父が開業した平間写真館の一人息子として生まれた平間にとって、幼少期から写真は日常の中に当たり前にあるものでした。そして、当たり前に写真家の道を歩みはじめたとき、写真館は反抗し乗り越えるべき対象になっていきます。「『Motor Drive』は写真館の写真への反抗、そして平間写真館TOKYOは再生であり自立だった」(平間至)。大きな転機となったのは、2011年の 東日本大震災。故郷・塩竈でも多くの命が失われた時、〝生き生きとした魂を残す場所″として写真館の開業を決意。2015年、平間写真館TOKYOがオープンします。 「平間至写真館大博覧会」展では、平間写真館TOKYOで撮影されたポートレイトを中心に、モノクロ、カラー作品を一堂に展示。平間至が撮る人生の幸せな瞬間、かけがえのない瞬間は、タイムカプセルに大切にしまわれた時間のように、永遠に写真の中から私たちに、素晴らしい時間があった証拠を語りかけてくれます。写真にしかなしえない“伝えていくこと、残していくこと”について、改めて思いを馳せる契機になる写真展です。

© Hirama Itaru

平間至写真展「平間至写真館大博覧会」

会 場 :THE GALLERY 大阪平間至写真展
     〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2     
     ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階     
     ニコンプラザ大阪内     
     TEL: 06-6348-9698
会 期 :2019年3月28日(木)~4月10日(水)
開館時間:10:30~18:30(最終日は15:00まで)
定休日 :日曜日
観覧料 :無料
問合せ先:株式会社ニコンイメージングジャパン
     ギャラリー企画課 
     TEL: 03-6718-3028
主 催 :株式会社ニコンイメージングジャパン
協 力 :平間写真館
企画協力:
コンタクト  


© Hirama Itaru

平間至プロフィール

宮城県塩竈市生まれ。写真から音楽が聞こえてくるような躍動感のある人物撮影で、今までにないスタイルを打ち出し、タワーレコードの「No Music, No Life?」キャンペーンのポスターをはじめ、多くのミュージシャンの撮影を手掛ける。2006年よりゼラチンシルバーセッションに参加、2008年より「塩竈フォトフェスティバル」を企画・プロデュース。2015年1月、三宿に平間写真館TOKYOをオープンする。


関連イベント

① トークイベント『写真展の作り方』

講演者 :
平間至(写真家)、佐藤正子(本展キュレーター)、     

     おおうちおさむ(本展デザイナー)
日 時 :
3月29日(土)、17:00~18:00
会 場 :
展覧会場     
     
※申し込み不要、参加費無料

© Hirama Itaru

 

↓

植田正治回顧展

SHOJI UEDA RETROSPECTIVE EXHIBITION

砂丘を舞台に数多くの傑作写真を生み出し、日本のみならず世界の写真史上に独自の足跡を残した植田正治(1913-2000)。この時代、日本の写真の潮流であったリアリズム写真運動に与することなく、終生、生まれ故郷の山陰にとどまって「写真する」歓びを追求し続けた写真家が生み出したモダニズムあふれる作品は、海外でもUeda-cho(植田調)と称され、国外も高い評価を受けています。
青年期に西洋アヴァンギャルドの洗礼を受けた植田正治は、地元で写真館を営む一方、制約なしに自己の表現を追求するアマチュア精神を貫きました。自宅近くの砂浜に家族や身近な人々をあたかもチェスの駒のように配して撮影した〈演出写真〉の緊密な構図はもとより、70歳から取り組んだシリーズ「砂丘モード」に代表されるファッション写真や商業写真など、脈々と築き上げた写真世界は、時代も世代も超えた支持を集め続けています。植田がもっとも好んだ被写体は、生まれ育った山陰の風景や事物でしたが、その写真は風土性や時代を超える普遍性をたたえており、見る者に新鮮な驚きと深い感動を呼び起こしてやみません。

中国で初めての大規模な回顧展となる本展では、植田正治の代名詞ともいえる砂丘を舞台にした作品から、再評価の契機となったファッション写真まで、初期から晩年にいたる代表作144点を展示し、その表現世界に迫ります。


植田正治(うえだ・しょうじ)略歴

1913年鳥取県生まれ。1930年代から写真雑誌への投稿などで頭角を現し、戦後、独創的な家族写真や鳥取砂丘での演出写真が注目される。1950年代はじめリアリズム運動などで、演出写真は中断するが、1971年の写真集『童暦』の刊行を機に、国内外で高く評価される。1972年に初めてヨーロッパを訪れ、1974年写真集『音のない記憶』を刊行。1978年、87年アルル国際写真フェスティバルに招待される。植田の作品は海外、特にヨーロッパでの評価が高く、1980年以降、展覧会、雑誌などで広く紹介される。1996年にはフランス芸術文化勲章を受章。2000年逝去(享年87歳)。


植田正治回顧展

会 場 :谢子龙影像艺术中心
     (Xie Zilong Photography Museum)
     No. 387, Section 1, Xiaoxiang South Road,
     Yanghu Street, Yuelu District, Changsha City,
     Hunan Province
     URL: http://www.x-museum.com/
会 期 :2019年3月16日(土)~ 6月16日(日)
開館時間:10:00~18:00
主 催 :谢子龙影像艺术中心
協 力 :
植田正治事務所
助 成 :
国際交流基金
キュレーター:佐藤正子(コンタクト)


Shoji Ueda Retrospective Exhibition

Awake or asleep, I always found myself thinking about photography. – Shoji Ueda

Shoji Ueda (1913-2000), well known for his masterpieces set in the sand dunes around his native Tottori, left a major mark on history of photography in not only his home country but also abroad. Even as realism began to take precedence in Japan’s major urban centers, he remained in his hometown Sanin all his life – not aligning himself with any particular movement and pursuing simply what pleased him. His strain of modernism was so particular that the resulting so-called “Ueda-cho (Ueda style)” still generates fresh acclaim to this day.

Influenced by the Western avant-garde during his adolescence, Shoji maintained the passionate, uninhibited spirit of an amateur while he ran a photography center in his hometown.  His intricate compositions – prime examples of staged photography – featured his family and his close friends in his neighborhood sand dunes arranged as if chess pieces. The photographic worlds expressed in fashion and commercial works continues to attract fresh acclaim, as typified by “Mode in Dunes”, a series of photographs he started to undertake at the age of 70. While he liked to photograph landscapes and things mostly in Sanin, where he was brought up, the universality has made an impression across time and culture.

We are proud to present the first extended retrospective exhibition of Shoji in China, featuring 150 early and late works ranging from the sand dunes series (which has become a byword for Shoji) to his fashion photographs that helped trigger a reappraisal of his achievement.


About the Artist

Shoji Ueda, born in Tottori Prefecture, Japan in 1913, started his career as a photographer by contributing to early photo magazines in the 1930s. He cemented his reputation with intricately staged photographs in the Tottori sand dunes before tilting towards realism during the 1950s and continuing to garner acclaim with photobooks like “Children the Year Around,” published in 1971. In 1972 he traveled Europe for the first time and published “Oto no nai kioku.” He was invited to participate in Les Rencontres d’Arles in 1978 and 1987. His works are highly rated abroad and he steadily built a reputation among European collectors and critics in particular. In 1996, he received the Ordre des Arts et des Lettres of France. Shoji died at 87 in 2000.


Shoji Ueda Retrospective Exhibition

Venue: Xie Zilong Photography Museum
No. 387, Section 1, Xiaoxiang South Road,
Yanghu Street, Yuelu District, Changsha City,
Hunan Province
URL: http://www.x-museum.com/
Period: March 16th – June 16th, 2019
Opening Hours: 10:00 – 18:0h0
Organization: Xie Zilong Photography Museum
Co-Organizor: Shoji Ueda Office
Sponsor: The Japan Foundation 
Curation: Sato Masako (Contact)


作品上から 

妻のいる砂丘風景 (Ⅲ) 1950年頃 /Ueda Shoji
カコ, 1949年 / Ueda Shoji
妻のいる砂丘風景 (IV) 1950年頃/ Ueda Shoji

↓

ハービー・山口写真展
時間(とき)のアトラス

Herbie Yamaguchi - Atlas of the Time


幸せそうな人や、美しい人々や光景の写真を撮ることで、
僕自身が救われてきたけれど、
今、そうした写真で誰かを救えたらなと思います。

ハービー・山口 

2019年2月23日(土)から5月23日(木)まで、『ハービー・山口写真展 時間(とき)のアトラス』が、京都のライカギャラリーで開催されます。“幸せの瞬間”をとらえる名手ハービー・山口が、40年以上にわたり世界各地で撮影した膨大な作品群から、相似形のテーマで撮られた2点を発掘し1点の組作品として展示するという斬新な展示です。図らずも同じような構図、テーマで撮られた意外な組み合わせは、時間も国境も超えた“生きる歓び”を浮き彫りにします。


ハービー・山口  プロフィール

1950年、東京都出身。中学2年生で写真部に入部。大学卒業後の1973年、ロンドンに渡り10年間滞在。一時期、劇団に所属し役者をする一方、折からのパンクロックやニューウェーブのムーブメントに遭遇し、デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアをするなど、ロンドンの最もエキサイティングだった時代を体験する。そうした中で撮影された、生きたロンドンの写真が高く評価され、帰国後も福山雅治など、国内アーティストとのコラボレーションをしながら、常に市井の人々にカメラを向け続けている。多くの作品をモノクロームのスナップ・ポートレイトというスタイルで撮影。その優しく清楚な作風を好むファンは多く、「人間の希望を撮りたい」「人が人を好きになるような写真を撮りたい」というテーマは、中学時代から現在に至るまでぶれることはない。写真発表のかたわら、エッセイ執筆、ラジオ、テレビのパーソナリティ等もてがけている。


展覧会情報

会 場 :ライカギャラリー京都(ライカ京都店2階)
      京都市 東山区 祇園町 南側 570-120
T E L       :075-532-0320
U R L      :ライカギャラリーHP
会 期    :2019年2月23日(土)~5月23日(木)
開館時間:11:00~19:00
      ※月曜日休廊
制作協力:コンタクト

↓

写真家たちのクスコ―
マルティン・チャンビと
2 0 世紀前半のアンデス写真

地球の反対側に位置するラテンアメリカには、日本ではほとんど知られていない豊かな写真世界が存在しています。
本展ではペルーの古都クスコを拠点に、20 世紀前半に活躍した先住民出身の写真家マルティン・チャンビと「フォトテカ・アンディーナ」(アンデス写真アーカイブ)収蔵の作家たちによる作品を紹介します。
白根 全(カーニバル評論家/ラテン系写真家)のプライベート・コレクションの一部から、マルティン・チャンビや日系2世の写真家 エウロヒオ・ニシヤマ(日本では初公開)ほか、同時代の写真家たちが記録したクスコ、そしてそこに暮らす人々の生活が息づく作品を3部構成で展示。
マチュピチュ遺跡とインカ帝国だけしか語られてこなかったペルーにも、アートが存在していたことが、ガラス乾板に刻まれた1900 年代前半の記録から浮かび上がってきます。「魔術的リアリズム」の渦巻く、時空を越えたラテンアメリカ写真の豊穣な世界への旅にいざなう展示となります。


展覧会情報

会  場 :Sunday Cafe Art Restaurant
     〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-7-12 B1F
      TEL: 03-6413-8055
      URL:http://sunday-cafe.jp/index.php
会  期 :2019年1月24日(木)~ 2月12日(日)
開館時間:月・木〜日 11:30〜22:00 
     ※ 初日 1月24日(木)のみ 15:00〜22:00
     火 13:00〜23:00
     水 11:30〜17:30
入場料 : 無料
主 催 : マルティン・チャンビ写真展実行委員会
協 力 :Archivo Fotografico Martin Chambi, FOTOTECA ANDINA,
     Carlos Nishiyama, セルバンテス文化センター東京


関連イベント

①トークイベント
出演:平間至(写真家)× 白根全(カーニバル評論家/ラテン系写真家)×
   佐藤正子(キュレーター)
日時:1月27日(日)18:00~19:30
会場:展覧会場
参加費:1500円(ワンドリンク付き)

トークイベント&クロージング・レセプション
出演:関野吉晴(探検家)× 白根全(カーニバル評論家/ラテン系写真家)
日時:2月11日(月・祝)18:00~19:30、19:30~レセプション
会場:展覧会場
参加費:トークのみ1500円(ワンドリンク付き)
    トーク&レセプション4500円(ワンドリンク・食事付き)


 

↓