ニューヨークが生んだ伝説の写真家
永遠のソール・ライター

Saul Leiter Forever - A Retrospective

※トップ画像:ソール・ライター《帽子》1960頃、発色現像方式印画 ©️Saul Leiter Foundation
※Main Image:Saul Leiter, Cap, c.1960, chromogenic print ©️Saul Leiter Foundation


2017年、Bunkamuraザ・ミュージアムで日本発の回顧展を開催し、大きな話題を呼んだ写真家ソール・ライター。

1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、表舞台から姿を消したソール・ライターが一気に忘却の世界から引きずり出されるきっかけは、2006年ドイツの出版社シュタイデル社から刊行された写真集『Early Color』。当時すでに83歳になっていた彼の作品は、世界の写真界に衝撃を与え、これを皮切りに世界各地で展覧会の開催や作品集の出版が行われ、さらにはドキュメンタリー映画が公開。初めてソール・ライターを知る人々にもこの写真家の素晴らしさが理解される機会となりました。

天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と呼ばれたソール・ライター。約8万点のカラー写真をはじめ、作品の大半を整理することなく世を去った写真の「発掘作業」は、ソール・ライター財団により現在進行形で続けられています。本展では、前回の展覧会では発掘しきれなかった膨大なアーカイブの中から、世界初公開となる作品を含む多くの未公開作品と豊富な作品資料を通して、ソール・ライターのさらに知られざる一面を紐解き、その魅力に迫ります。

It was in 2017 that the first retrospective of Saul Leiter’s works was held at Bunkamura THE MUSEUM. It became a big hit and now Saul Leiter is back: From January 2020 a second retrospective of his works will be held at Bunkamura THE MUSEUM including not only works that previously haven’t been shown in Japan, but also works that haven’t been shown anywhere yet.

Saul Leiter was a leading fashion photographer in New York since the 1950’s, until he retired from commercial photography in the 1980’s. It was Early Color, a collection of his work that he published with Steidl Verlag in Germany in 2006 that brought him back to the limelight of the world of photography. He was 83 years old by then. His re-discovery became a big sensation and led to numerous exhibitions and publications. In 2012 the documentary In No Great Hurry: 13 Lessons in Life with Saul Leiter was released, making his name and works known to even more people.

Many regard Saul Leiter as a pioneer in color photography due to his exquisite sense for color. He has left behind over 80.000 uncatalogued color photographs, which The Saul Leiter Foundation is continuously in the process of “excavating” and bringing into order. This exhibition will show a completely new facet of Saul Leiter work by showing new photographs from this vast archive including previously unpublished and unexhibited works.


左 :ソール・ライター《落書きの顔》1950年、発色現像方式印画 ©️Saul Leiter Foundation
left:Saul Leiter, Graffiti Heads, 1950, chromogenic print, ©️Saul Leiter Foundation
中央:ソール・ライター《無題》撮影年負不詳 ©️Saul Leiter Foundation
middle:Saul Leiter, Untitled, date unknown ©️Saul Leiter Foundation
右 :ソール・ライター《窓》1957年、発色現像方式印画 ©️Saul Leiter Foundation
right:Saul Leiter, Window, 1957, chromogenic print ©️Saul Leiter Foundation


作家プロフェィール Artist Profile

ソール・ライターは、1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、58歳になった年、自らのスタジオを閉鎖し、世間から姿を消した。写真界でソール・ライターが再び脚光をあびるきっかけとなったのが、2006年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集でした。この新たな発見は大きなセンセーションとなり、その後、展覧会開催や出版が相次ぎました。2012年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(日本公開は2015年)が公開され、その名前と作品は多くの人に知れわたるようになりました。

Saul Leiter (1923-2013) was a leading fashion photographer in New York since the 1950’s, until at the age of 58 he closed his studio and disappeared from the world. It was a collection of his work that he published with Steidl Verlag in Germany in 2006 that brought him back to the limelight of the world of photography. His re-discovery became a big sensation and led to numerous exhibitions and publications. In 2012 a documentary film titled In No Great Hurry: 13 Lessons in Life with Saul Leiter was released (first screened in Japan in 2015), making his name and works known to even more people.

ソール・ライター《夜のバス》1950年代、発色現像方式印画 ©️Saul Leiter Foundation
Saul Leiter, Bus at Night, 1950s, chromogenic print ©️Saul Leiter Foundation


展覧会情報 Details

会 場 :美術館「えき」KYOTO
     〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
     ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
     TEL:075-352-1111(大代表)
     URL: http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_2004.html
会 期 :2020年04月11日(土)~ 05月10日(日)
開館時間:10:00~20:00(入館は19:30まで)
     ※ただし、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
休館日 :会期中無休
入場料 :一般1,000円(800円)、大学・高校生800円(600円)
     小・中学生600円(600円)
     ※()内は前売・当日「KYOTOGRAPHIEパスポート」をご提示の本人さま、
     及び「障碍者手帳」ご提示の本人さまとご同伴者1名さまの料金。
     ※2020年3月7日より4月10日まで前売券販売
主 催 :美術館「えき」KYOTO
協 力 :ソール・ライター財団、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭
企画協力:コンタクト

Venue: Museum 「EKi」KYOTO
JR Kyoto Isetan 7F, Higashishiokojicho, Karasumadori, Shiokoji-sagaru, Shimogyo-ku, 600-8555 Kyoto 
TEL: 03-5777-8600
URL: http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_2005.html
Period: April 11, 2020 – May 10, 2020
Opening Hours: 10:00 – 20:00 (last admission 19:30)
Admissions: Adult 1,000 Yen (800 Yen), University and High school students 800 Yen (600 Yen), Junior High School students and younger 600 Yen (400 Yen)
*Prices in brackets are for pre-sale, owners of the KYOTOGRAPHIE pass and owner of a Physical Disability Certificate (shogaisha techo) and an accompanying person
Organization: Museum 「EKi」KYOTO
Support: The Saul Leiter Foundation, KYOTOGRAPHIE Kyoto International Photography Festival
Planning: Contact Co., Ltd.


関連イベントEvents

1) ギャラリー・トーク
会 場 :美術館「えき」KYOTO
開催日時:2020年4月12日(日)11時〜、14時〜
ゲスト :佐藤正子(本展企画・コーディネーター)
※各回約30分
※マイクを使用し、会場内を移動しながらお話します。
※事前申込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した場合、入館制限をさせていただく場合がございます。

2) ドキュメンタリー映画上映
上映映画:『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』
(2012年、トーマス・リーチ、英語、日本語字幕付)
上映期間:2020年4月18日(土)〜 4月24日(金)
上映開場:京都シネマ(四条烏丸下るCOCON KARASUMA 3F
TEL:075-353-4723
料 金 :一般1300円

※上映スケジュール、各種料金等は上映館にお問い合わせください。

1) Gallery Talk (Japanese only)
Venue: Museum 「EKi」KYOTO
Date: April 12, 2020, 11:00-, 14:00-
Guest: Sato Masako (exhibition curator)
※each talk is about 30 min.
※Ms. Sato will explain selected works from the exhibition walking through the museum.
※No reservation necessary. Free with valid exhibition ticket.
※first-come first-serve in case of crowding

2) Documentary Screeing (English with Jap. subtitles)
Title: In No Great Hurry: 13 Lessons in Life with Saul Leiter (2012, Tomas Leach)
Date: 2020年4月18日(土)〜 4月24日(金)
Venue: Kyoto Cinema (COCON KARASUMA 3F)
TEL:075-353-4723
Admission: 1300 Yen
※For details about screening schedules and ticket prices see Kyoto Cinema’s HP

↓