イベント|Event

アーティスト・トーク:写真家・平間至氏

「大原治雄 ブラジルの光、家族の風景」 関連イベント

NHK「日曜美術館」(2016年5月放送)の大原治雄特集で取材を受けた平間氏が、写真家の視点から読み解いた大原作品の魅力を語ります。
*イベント内容が変更、中止となる場合がございます。予めご了承ください。

会場:清里フォトアートミュージアム
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545-1222
TEL: 0551-48-5599
URL:http://www.kmopa.com/
日時:11月12日(土)14:00~15:00
*入館料のみ/予約不要

Profile 平間 至/ヒラマイタル
1963年、宮城県塩竃市に生まれる。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、写真家イジマカオル氏に師事。躍動感のある人物撮影で、今までにないスタイルを打ち出し、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。近年では舞踏家の田中 泯(タナカミン)氏の「-場踊り-」シリーズをライフワークとし、世界との一体感を感じさせるような作品制作を追及している。2006年よりゼラチンシルバーセッションに参加、2008年より「塩竃フォトフェスティバル」を企画・プロデュース。2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、多彩なワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。
2013年には、俳優・綾野剛写真集「胎響」(ワニブックス)や、田中 泯氏との写真集「Last Movement-最終の身振りへ向けて?」(博進堂)の発表と共に個展も行い、大きな注目を集めた。2012年より塩竃にて、音楽フェスティバル「GAMA ROCK」主催。
*平間至氏オフィシャルウェッブサイトより転載させていただきました。

↓

「SELF AND OTHERS」上映会&講演会
開催のお知らせ


「GOCHO SHIGEO 牛腸茂雄という写真家がいた。1946-1983」 の併催イベントとして、ドキュメンタリー映画「SELF AND OTHERS」の上映と、写真評論家・飯沢耕太郎氏の講演会が、2016年11月5日(土)にフジフイルム スクエア 2F特設会場にて開催されます。

「SELF AND OTHERS」上映会&飯沢耕太郎氏(写真評論家)講演会
第一部:ドキュメンタリー映画「SELF AND OTHERS」(佐藤真監督、2000年)上映
第二部:「牛腸茂雄と『SELF AND OTHERS』を巡って」飯沢耕太郎氏 講演

日時:2016年11月5日(土)13:30-15:30(開場は13:00)
会場:フジフイルム スクエア 2F特設会場/入場料:無料
定員:150名(事前申込制)/協力:ユーロスペース
参加申込:10月5日(水)10:00からお電話、もしくはフジフイルム スクエア受付にて承ります。
TEL : 03-6271-3350 (受付時間10:00-18:00)

<内容>
「阿賀に生きる」などの作品により、国内外で高い評価を得た佐藤真監督(1957年-2007年)により牛腸没後の2000年に製作されたドキュメンタリー映画「SELF AND OTHERS」は、牛腸を知る人のインタビューなどを一切排除し、牛腸茂雄の写真と撮影地をたどり、残された草稿、手紙、肉声などとのコラージュによって構成した革新的ドキュメンタリーとして、公開時、大きな評判を呼びました。本編上映後、牛腸茂雄の再評価の契機を作り、生前の佐藤監督とも交流のあった写真評論家の飯沢耕太郎氏に牛腸作品についてお話しいただきます。
*イベント内容が変更・中止となる場合がございます。予めご了承ください。

展覧会開催のお知らせはこちら


Screening of the documentary ‘SELF AND OTHERS’ with a follow-up lecture by photography critic Iizawa Kotaro
Part 1Screening of ‘SELF AND OTHERS’(SATO Makoto, 2000, 53 min.)
Part 2Lecture ‘On Gocho Shigeo and his collection SELF AND OTHERS’,
Iizawa Kotaro, photography critic

‘SELF AND OTHERS’, shot by director Sato Makoto (1957-2007; renowned internationally for works such as ‘Living on the River Agano’, 1993) in 2000, 17 years after Gocho’s death, is an out-of-the-box documentary that received wide acclaim. Sato refrains from using any kind of interviews with people Gocho knew, but instead offers a collage of Gocho’s works, footages of places appearing in his photographs, original voice recordings, letters and manuscripts by the artists. After the screening, photography critic IIZAWA Kotaro, who is not only one of the leading figures behind the recent re-evaluation of Gocho’s work but also was acquainted with director Sato, will give a talk on Gocho and his work.

Date:November 5th , 2016 (Saturday) 13:30 – 15:30(admission from 13:00)
Venue:FUJIFILM SQUARE 2F
Admissions: Free
Max. number of participants:150 (Registration required)
Reservations can be made by telephone or directly at FUJIFILM SQUARE
TEL: 03-6271-3350 (Reception hours 10:00-18:00)
Collaboration: Eurospace

↓

GOCHO SHIGEO 1946-1983 -異形の境界線-
写真家 平間至(ヒラマイタル)氏
ギャラリートーク開催のお知らせ


「GOCHO SHIGEO 牛腸茂雄という写真家がいた。1946-1983」 の併催イベントとして、写真家・平間至さんのギャラリートーク開催が緊急決定しました。
10月23日(日)13時、15時各回30分程度を予定しています。入場無料、申込不要。
皆様のご参加をお待ちしております!
*イベント内容が変更・中止となる場合がございます。*座席はございません。予めご了承ください。

Profile 平間 至/ヒラマイタル
1963年、宮城県塩竃市に生まれる。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、写真家イジマカオル氏に師事。躍動感のある人物撮影で、今までにないスタイルを打ち出し、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。近年では舞踏家の田中 泯(タナカミン)氏の「-場踊り-」シリーズをライフワークとし、世界との一体感を感じさせるような作品制作を追及している。2006年よりゼラチンシルバーセッションに参加、2008年より「塩竃フォトフェスティバル」を企画・プロデュース。2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、多彩なワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。
2013年には、俳優・綾野剛写真集「胎響」(ワニブックス)や、田中 泯氏との写真集「Last Movement-最終の身振りへ向けて?」(博進堂)の発表と共に個展も行い、大きな注目を集めた。2012年より塩竃にて、音楽フェスティバル「GAMA ROCK」主催。
*平間至氏オフィシャルウェッブサイトより転載させていただきました。

↓

写真家・平間 至(ヒラマイタル)氏
ギャラリー・トーク開催!


「大原治雄 写真展~ブラジルの光、家族の風景~」の関連イベントとして、平間至氏のギャラリー・トークが開催されます。

Profile 平間 至/ヒラマイタル
1963年、宮城県塩竃市に生まれる。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、写真家イジマカオル氏に師事。躍動感のある人物撮影で、今までにないスタイルを打ち出し、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。近年では舞踏家の田中 泯(タナカミン)氏の「-場踊り-」シリーズをライフワークとし、世界との一体感を感じさせるような作品制作を追及している。2006年よりゼラチンシルバーセッションに参加、2008年より「塩竃フォトフェスティバル」を企画・プロデュース。2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、多彩なワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。
2013年には、俳優・綾野剛写真集「胎響」(ワニブックス)や、田中 泯氏との写真集「Last Movement-最終の身振りへ向けて?」(博進堂)の発表と共に個展も行い、大きな注目を集めた。2012年より塩竃にて、音楽フェスティバル「GAMA ROCK」主催。
*平間至氏オフィシャルウェッブサイトより転載させていただきました。


日時:7月17日(日)午後2時~(約1時間予定)
講師:平間至氏(写真家)
場所:伊丹市立美術館 大原治雄展会場内
〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20 TEL:072-772-7447
*申込不要/要当日観覧券/当日1階ロビーにお集まりください。
伊丹市立美術館ホームページ
【伊丹市立美術館】展覧会のご案内はこちら
大原治雄作品1(Ohara Haruo Works 1)
大原治雄作品2(Ohara Haruo Works 2)

↓

アグネータ・フロックさん
ギャラリー・トーク開催のお知らせ(札幌)

札幌エスタ11F プラニスホール

「北欧から届いたファンタジー 切り絵作家 アグネータ・フロックの世界展」の札幌での開催を記念して、アグネータ・フロックさんのギャラリー・トークを行います。作品の解説や制作の背景など、いろいろと楽しいお話をうかがっていきたいと思いますので、皆様お誘いあわせの上ぜひお越しください。

展覧会開催のお知らせはこちら

アグネータ・フロックさん出演決定!つながる@きたカフェ 4月28日(木)11:30~


日 時 :2016年4月29日(金・祝)・30日(土)
①午前11時から②午後3時から
各回約30分
会 場 :札幌エスタ11F プラニスホール(展覧会会場内)
北海道札幌市中央区北5条西2丁目 エスタ11階
問い合せ:JRタワー文化事業部 TEL:011-209-5075
プラニスホール TEL:011-213-2776

※事前申込み不要。参加無料ですが、ギャラリー・トークには本展入場券が必要です。
※トーク終了後、会場入口付近でサイン会を行います。
※イベント内容が変更、または中止となる場合がございます。
予めご了承ください。

 width=

↓

アグネータ・フロックさん 来日決定!
ギャラリー・トーク開催のお知らせ

ジェイアール京都伊勢丹7階 美術館「えき」KYOTO

「北欧から届いたファンタジー 切り絵作家 アグネータ・フロックの世界展」の開催を記念して、アグネータ・フロックさんのギャラリー・トークを行います。作品制作のお話や、スウェーデンでの暮らしについて、いろいろと楽しいお話をうかがっていきたいと思いますので、皆様お誘いあわせの上ぜひお越しください。

展覧会開催のお知らせはこちら


日 時 :2015年12月3日(木)・5日(土)
①午前11時から②午後3時から
各回約30分
会 場 :ジェイアール京都伊勢丹7階 美術館「えき」KYOTO
京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
問い合せ:ジェイアール京都伊勢丹(大代表)075-352-1111
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券が必要です。
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。
※イベント内容が変更、または中止となる場合がございます。
予めご了承ください。


↓

ギャラリー・レクチャー 「自然写真のこの100年の歩み」

フジフイルム・フォトコレクション出品作家であり、日本を代表する自然写真家、水越武氏を講師にお招きして、ギャラリー・レクチャー「自然写真のこの100年の歩み」が開催されます。
場所:北海道立釧路芸術館 展示室
日時:2016年1月23日(土)午後2時~3時 ※要観覧料

「私の1枚」―日本写真史を飾る101人~フジフイルム・フォトコレクションによる~
開催のお知らせ 北海道立釧路芸術館

↓