展覧会|Exhibitions

ロベール・ドアノーの写真
「パリ・アルプス・幸せな時間」

本展『ロベール・ドアノー写真展~パリ・アルプス・幸せな時間~』は、2012年、フランス・グルノーブルのギャップ美術館とドアノーの遺族によって監修された展覧会です。パリを舞台に「ドアノー劇場」ともいうべき世界を作りあげたロベール・ドアノーのもう一つの舞台、それがアルプスです。パリっ子たちのヴァカンスの場として、広告写真の背景として、そして自らの創作の実験場として、アルプスは写真家・ドアノーのエッセンスがいかんなく注ぎ込まれた山でもありました。カラー写真やコンタクト・シートを含む約120点で構成された本展は、ロベール・ドアノーの新たな一面を見せる展覧会として大きな話題を呼びました。

日本巡回展にあたっては、清里フォトアートミュージアム所蔵のドアノーの代表作であるパリをとらえた作品や芸術家たちのポートレイト作品、さらに“家族のヴァカンス”という文脈から、ドアノーの娘たちや動物たちを撮影した写真をもとに、1956年に子供向けの絵本として出版された『1,2,3,4,5  遊びながら数えよう』のヴィンテージプリントを合わせて展示します。

↓

ロベール・ドアノー写真展
「パリ・アルプス 幸せな時間」

本展『ロベール・ドアノー写真展~パリ・アルプス・幸せな時間~』は、2012年、フランス・グルノーブルのギャップ美術館とドアノーの遺族によって監修された展覧会です。パリを舞台に「ドアノー劇場」ともいうべき世界を作りあげたロベール・ドアノーのもう一つの舞台、それがアルプスです。パリっ子たちのヴァカンスの場として、広告写真の背景として、そして自らの創作の実験場として、アルプスは写真家・ドアノーのエッセンスがいかんなく注ぎ込まれた山でもありました。カラー写真やコンタクト・シートを含む約120点で構成された本展は、ロベール・ドアノーの新たな一面を見せる展覧会として大きな話題を呼びました。

日本巡回展にあたっては、清里フォトアートミュージアム所蔵のドアノーの代表作であるパリをとらえた作品や芸術家たちのポートレイト作品、さらに“家族のヴァカンス”という文脈から、ドアノーの娘たちや動物たちを撮影した写真をもとに、1956年に子供向けの絵本として出版された『1,2,3,4,5  遊びながら数えよう』のヴィンテージプリントを合わせて展示します。

↓

101年目の植田正治 『軌道回帰』

Shoji Ueda, 101 Years On

1983年、最愛の妻の死とともに、写真に対する意欲をも喪失していた植田正治が「写真する遊び心」を取り戻す一つの契機に『軌道回帰』(1986年私家版刊行)がありました。当時、発売されたばかりのポラロイド社 35mmフィルムに刺激された植田はこのシリーズに新しい方向性を探り、「内省的な風景」を刻み込みました。

植田の代名詞ともいえる砂丘で、戦後一世を風靡した絵物語作家、山川惣治を撮影した幻想的な作品を併せて展示、植田正治101年目のはじまりを記念する展覧会です。

 

After his beloved wife passed away in 1983, Shoji Ueda even lost his interest in photography. Kido kaiki (Return to Orbit, 1986, self-published) was one of the turning points for Ueda in rekindling his sense of playfulness for ‘doing’ photography. Excited by Polaroid 35mm film, which was introduced around the time of his wife’s death, Ueda explored new possibilities through this series of photographs, carving out introspective scenery.

The exhibition celebrates the start of 101st year since Shoji Ueda’s birth and will also include his dreamy portraits of Sohji Yamakawa, a picture-story show artist who was very popular just after the Second World War, shot in Ueda’s trademark setting of the sand dunes.

↓

植田正治の道楽カメラ

Shoji Ueda

好きなものしか撮らない、撮れない。生涯「アマチュア精神」を貫きながら「世界のUeda」になった植田正治(1913-2000)。家族をモデルにした初期のモノクロ作品、時折訪れた東京渋谷の街角、ファッション誌の子供写真など未発表作品を中心に、写真作りのプロセスを交えながら公開します。

” 道を解して自ら楽しんだ “植田正治のまなざしを追体験してください。

 

” I only photograph what I want to photograph. I cannot do otherwise.”

Shoji Ueda (1913-2000) became world famous while keeping his lifetime commitment to being a “true amateur”. This exhibition discloses unreleased material, including Ueda’s early monochrome works depicting his family, scenes of the streets of Shibuya that he sometimes visited, and pictures of children that he took for fashion magazines, along with the photographic process.

Re-experience the gaze of Shoji Ueda who saw his way to enjoy the world.

↓

子どもたちの時間 植田正治とロベール・ドアノー

植田正治とロベール・ドアノーは、それぞれが最も愛した地、山陰とパリを舞台に多くの傑作を残しました。生来の実験精神と遊び心で写真表現を追求した二人には、多くの共通ワードを見出すことが出来ます。その一つが「子ども」です。

本展では、ドアノーのご遺族の協力を得て、世界初公開の作品を含む約70点を植田作品と併せて展示、その作品創造の秘密に迫ります。フランスは、植田独特の表現スタイルをいち早く認めた国であり、1996年、植田は同国から芸術文化勲章を受賞します。写真生誕の地でもあるフランスの国民的写真家ドアノーとの二人展は、植田の生誕100年を祝う最高のオマージュとも言えるでしょう。

植田正治写真美術館の単独開催となる本展は、20世紀を代表する二人の偉大な写真家の魅力を同時に堪能できる貴重な機会です。写真という「魔法のメディア」が生み出した彼らの「愛しきもの」のイメージは、私たちに多くの感動と喜びを与えてくれるでしょう。

↓